愛され葉酸☆後藤真希さん監修・愛用の妊活サプリ2016年新発売!

愛され葉酸☆後藤真希さん監修・愛用の妊活サプリ2016年新発売! 愛され葉酸は妊活中・妊娠中のママさんに必要な鉄分・カルシウム・乳酸菌(クリスパタス菌)も配合されても配合されています☆彡 葉酸は食事から取り入れる方法とサプリメントを飲むことで葉酸を取り入れる方法があります。一般的には食事での葉酸を摂取することはなかなか大変なので、葉酸サプリがおすすめされています。念のため知っておきたい葉酸のマメ知識をご紹介してまいります☆彡 葉酸は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています。日頃からこうした食品を多くとるように心がけましょう。また、葉酸の栄養機能食品などの、妊娠前からの服用は神経管閉鎖障害児出産の危険を減少させることが知られています。

知っているようで案外知られていない葉酸サプリの基本(^^♪ わかりやすくQ&Aで解説されていますのでご紹介☆彡

独立行政法人 国立健康・栄養研究所というところでは、「妊娠中の食事とサプリメントについて」分かりやすく解説されています。

妊娠中の葉酸摂取について
Q 7 なぜ妊婦は葉酸を摂ったほうがよいの?
A 葉酸を摂ることで、胎児の異常(神経管閉鎖障害)発症リスクを減らすことができると考えられているからです。神経管閉鎖障害とは、受胎後 28 日頃にできてくる胎児の神経管に障害がおこり、無脳症・二分脊椎・髄膜瘤などを生じることです。受胎前後に葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)を摂取すると、そのリスクが減ることが分かっているため、胎児の神経管形成期(受胎前後の時期)に、お母さんになる人が十分な葉酸を摂ることが望ましいとされています。
Q 8 葉酸を摂ったほうがよい時期は?
A 妊娠の 1 か月以上前から妊娠 3 か月までです。胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすためには、お母さんになる人が妊娠前から十分な葉酸を摂っている必要があります。「お母さんになるかもしれない人」に対して、妊娠の 1 か月以上前から妊娠 3 か月まで十分な葉酸を摂ることが望まれています。
Q 9 葉酸はどのくらい摂ればよいの?
A 妊娠の計画・可能性がある女性は、ふだんの食事以外に 400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸(葉酸)を摂ることが望ましいとされています。葉酸の摂り方には色々な方法がありますが(Q10 を参照)、たくさん摂れば摂るほど良いというものではありません。1 日 1mg(=1000μg)は超えないようにとされていますので、摂取量に注意しましょう。
また、ごく最近の研究結果によると、サプリメントからの葉酸の摂取は、量やタイミングによっては胎児に何らかの影響を及ぼす可能性があるかもしれないという報告がされています。食事から摂る葉酸にはそのような心配がありませんので、できるだけ通常の食材や、葉酸が強化された普通の食品(錠剤やカプセルの形ではないもの)から摂取する方法が安心と言えるでしょう。
Q10 葉酸の摂り方は?
A まずふだんの食事の充実、次に葉酸が強化された食品(錠剤やカプセルの形ではないもの)の利用、どうしても足りなければサプリメント、という順番で考えてみましょう。サプリメントは原材料も様々で、品質や規格も一定でなく、妊婦さんに積極的におすすめできるものではありません。十分な量をまず食事で確保できるよう、バランスのよい献立に気をつけ、その上で心配ならば、葉酸が強化された食品(錠剤やカプセルの形ではないもの)を上手に利用しましょう。

ページ上部へ戻る